糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

どんなことが原因か

実はEDと糖尿病に密接な関係があることが調査によりわかってきています。
ですから、この病気の多くの患者がEDにもなり、勃起、射精に大きな影響を及ぼします。
なぜなら、この病気になると、勃起に関する血管と神経を同時に障害し、全身の組織にダメージを与えるからです。
血管が影響を受ける病気であるため、勃起に影響を与えます。
勃起のメカニズムは、神経と血管が深く関係しています。
しかも、射精の時に関わる神経、血管が体の他の部分に比べてかなり繊細でデリケートです。
よってかなり早い段階で、射精に影響が出る様になってしまいます。
勃起、射精には、脳での性的興奮と副交換神経が働き、血液を送る量をぐっと増加させます。
これにより勃起が置き、それに刺激が加わって射精が行われます。
とにかく、かぎは血管と神経が連動して起きるということです。
糖尿病の場合、これらの働きが少なくても確実に影響を受けます。
それでEDになってしまうのです。
しかし、もしこの病気にかかってしまっても、そこまで絶望的になることはありません。
要は血液をしっかりコントロールできれば何の問題もありません。
更に上手に血糖をコントロールすればEDは予防できます。
やはりポイントは生活の質にあります。
規則正しい生活を送ること、適度な運動をこころがけること、また食事の内容を変えることや、少しお酒をひかえることなど、日常の生活のちょっとしたことが、自分を守ることになるのです。
EDにならないためにはまず、糖尿病にならないことです。