糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病と勃起障害の因果関係について

糖尿病と勃起障害はそれぞれが別の病気であり、この両者には何も因果関係が無い様に思われがちです。
しかし、実はそのようなことはありません。
結論から言いますと、これらの病気には因果関係があります。
その因果関係ついて、これより順を追って説明していきます。
まず糖尿病とは血糖値が病的に高い状態を言います。
病的とはヘモグロビンや血糖値が一定の基準を超えている状態を指します。
代表的な症状として「手足のしびれ」、「便秘」、「喉の渇き」、「頻尿」等があり、重度になると「意識障害」、「腹痛」等があります。
次に勃起障害とは男性の性機能障害のひとつであり、陰茎の勃起が発現、またはその維持が出来ない状態を言います。
さらに性交の途中で勃起を維持できない状態も勃起障害と言われます。
要因として肉体的な要因と精神的な要因があります。
精神的な要因としてプレッシャーなどによるストレスが原因と言われています。
肉体的な要因が本稿のポイントです。
男性は性的興奮を覚えると脳から陰茎に対して勃起させる指令を送りますが、糖尿病を発病すると、脳からの指令が届きにくくなってしまうため、その結果、勃起障害に繋がってしまいます。
対策として、体質の改善を目指すことになります。
一番効果的な対策は生活習慣病と同等の対策をすることです。
例えば「正しい食生活」、「適度な運動」、「喫煙、飲酒を控える」、「ストレス解消をする」、「十分な睡眠をとる」ことが効果的です。