糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病性の勃起障害について知る

糖尿病を発症している男性で勃起障害の症状がある人は多く、3割から6割の人に見られるという報告もあります。
勃起のメカニズムとして、陰茎の中の海綿体に血液がどっと流れ込みスポンジ状に海綿体が膨らんで硬くなるのが勃起状態です。
また海綿体の静脈は勃起によりふさがれるので血液は溜め込まれた状態になり、ペニスの硬度が維持されます。
ところが糖尿病の患者さんですと、病気により血液の高血糖状態が続くことで血管が傷んでいることが多く、血流障害や神経の障害がよく見られます。
勃起が完全に起こるためには血液がよく流れることが必要なので、血管に不具合が起こりがちな糖尿病の患者さんには勃起障害が多く現れるのです。
もちろん加齢により血管は老化しますので糖尿病でない男性でも年齢とともに勃起不全が起こることはあるのですが、糖尿病の患者さんの場合は血管の傷みが早く現れることが多いということです。
しかし、糖尿病の治療は受けていても勃起障害について医療機関で相談する人は少ないようです。
これには羞恥心や年齢的にあきらめてしまうなどの心理があるようですね。
さて勃起障害に悩む方が関心を寄せるものに医師の処方なしで購入できる精力剤があります。
精力剤にもいろいろなタイプがあり、化学薬品を用いずに天然素材だけで作られているものもあります。
天然素材とはたとえばミネラルやアミノ酸、ビタミンやハーブなどです。
勃起障害の治療薬の中には副作用についての注意書きがあるものもあり、特に心臓や血管の薬を常用している人では禁忌とされていることが多いのですが、天然素材の精力剤なら常用薬との併用も心配がないものが主流で安心です。