糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病とインポとの関係

糖尿病と診断された瞬間、インポテンツと言う言葉が頭をかすめます。
昔からインポテンツと糖尿病は因果関係があると思われてきたのです。
確かに勃起のメカニズムから言うと、触覚や資格、嗅覚などによって副交感神経が刺激され勃起中枢神経に指示が行くと海綿体に多くの血流が発生して、それによって勃起するのです。
したがって糖尿病による血管障害や自律神経の障害があれば、それは因果関係があると言えますが、そのパーセントは少ないと思います。
糖尿病患者がすべて血管障害ではありません。
それよりも、糖尿病イコールインポテンツと言った思い込みの方が、原因の大きな部分を占めているのではないでしょうか。
心因性のインポテンツと言われるものです。
陰茎の大きさや早漏などを気にして、そしてそれが負のスパイラルを生んで本当にインポになってしまうケースです。
これを原因とするインポテンツが一番多いと言われています。
糖尿病による器質性のインポテンツは確かにありますが、むしろ糖尿病を患ってしまってもう勃起は無理だと言った心因性のインポテンツの方が多いのではないでしょうか。
糖尿病と診断されてもあきらめることなく、まずは糖尿病を治してください。
食生活を血流が良くなるような食材を多く摂取するようにして、例えば納豆などは血流を良くするには最適です。
そして安全な精力剤を利用して勃起するように心がけてください。
人間の体は、使わない機能は退化するだけです。