糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病と勃起不全の影響

勃起不全にはさまざまなものがあり、
心因性からくるものと器質的なもの、両方の原因で起こる混合性のものとがあります。
器質的なものとしては神経の障害、血管、筋肉の障害などがあります。
これらはすべて勃起に関連するものであります。
また、勃起不全になる病気の代表として糖尿病などの生活習慣病も挙げられます。
糖尿病は混合性の勃起不全として有名です。
糖尿病では、一度かかると治ることはなく、
さらにさまざまな部位にまで悪影響が現れてきます。
勃起不全に関しても、これらと同じく、糖尿病の合併症であると言えます。
糖尿病による勃起不全の原理としては、
糖尿病が血流を悪くする影響があるからです。
そのため、血流をよくするような精力剤や勃起不全薬を服用することによって
糖尿病が原因の勃起不全の多くは改善すると考えられます。
糖尿病の他にも生活習慣病の中には勃起不全を誘発するような病態も存在します。
糖尿病によるものは血流をよくすることで改善が見込めますが、
ほかの生活習慣病を合併することによって治ることは難しくなります。
そのためには、生活習慣病を改善していくように心がけることが大切となります。
生活習慣病を改善するのには、適度な運動、適切な食事、喫煙などをやめることなどが挙げられます。
喫煙には末梢を冷やす作用があり、これによって末梢の血流を滞らせることがあります。
喫煙をしている方に勃起不全が多いのはそのためです。
勃起不全を治すためには、一番有効なのは日頃の心がけです。
治る勃起不全は自分で気をつけて直していきましょう。