糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病を原因とする勃起障害への対処法

糖尿病になると、インスリンの分泌異常から高血糖が続きます。
空腹時の血糖値とヘモグロビンHA1cから診断がなされるのですが、軽度であるならば、食事療法で収まるものです。
食事療法というのは、低カロリー食に変更し、お腹が空くまで食べないことです。
それをすることによって、すい臓が休まり、休止状態であったすい臓が復活し、以前のように働くようになります。
ですが、しなければ高血糖が維持され、そのために更にすい臓が弱り、糖尿病が悪化することでしょう。
そして、合併症が起こるのです。
よく挙げられるのは、神経障害と動脈硬化です。
高脂血症になるので、動脈硬化は避けられず、そのため毛細血管どころかそこへ行くまでの血管すら詰まり、そして破けることもあります。
そのため、一度怪我をすると治らないこともあり、小指を柱にぶつけてそのまま足を腐らせる事があるのです。
しかし、不思議と痛みはありません。
何故なら、そこへ到達する神経も障害を起こしているからです。
この神経障害は実は自律神経にも作用して、リラックスする事で起こる勃起すら邪魔をします。
更に悪いことに、動脈硬化を起こすので血流を悪くし、勃起を起こり難くします。
糖尿病を悪化させたら、勃起など夢のまた夢でしょう。
これにはもしかしたら精力剤が効果があるかもしれません。
というのは、リラックスさせる成分が含まれており、また血流をアップするものもあるからです。
糖尿病を改善させる努力と共に、精力剤を試しに飲んでみるのもいいかもしれません。