糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病による勃起障害

糖尿病患者の中でも、勃起障害を抱えることもあります。
近年、食事習慣が欧米化してきたこともあり30代以降の男性に
糖尿病患者が増加してしてきました。
生活習慣病として、健康診断などで知る方も少なくありません。
糖尿病が原因で勃起障害を起こす確率は、健康な成人男性よりも
3倍程高くなっています。
ですが、勃起障害があらわれても食事療法で生活や体調が改善されることで
回復することもあります。
それ以外だと、サプリメントや精力剤を使用したりします。
勃起障害の改善薬としてよく使用されるのがバイアグラですが
糖尿病によって高血圧になってしまっていたりすると
処方することが出来ないケースもあります。
糖尿病による勃起不全には、心因性の要因と器質性の要因がまざりあっておきることが多くあります。
器質性の要因には神経障害や血管障害、筋肉障害などがあります。
糖尿病による勃起不全の発症率も、30代男性で3割、50代にもなると5割にもなります。
精力剤を使用したからと言って、害日からの刺激がなくては
勃起することが可能ではないので、パートナーとともに
体調を改善することから始め、精力剤を使用してみたりとする方もおられます。
サプリメントなど感覚で取り入れることが出来るものなら手軽でいいのですが
バイアグラなどは、医者の診断を受け処方していただかなければ服用してはいけませんので、
インターネットなどで購入した薬などには簡単に手出しはしないようにしましょう。
副作用が薬には必ずありますので、用法.用量を守り服用時間のチェックまで怠らないようにしましょう。