糖尿病からくる勃起不全の全て

糖尿病由来の勃起不全とは

糖尿病による勃起障害は合併症によるもの

糖尿病と診断されて、即座に勃起障害になったと思うのは早計です。
確かの糖尿病患者は一般の勃起障害を起こしている患者の割合の3倍近くになっているので、全くの無関係とは絶対言えません。
ただし、糖尿病そのものが勃起障害の原因という訳ではありません。
糖尿病と診断された方でも、立派に自力でセックスを楽しんでいる方も多いのです。
しかし、勃起障害と糖尿病の因果関係は深いと言えます。
その理由として勃起のメカニズムから容易に想像が付きます。
勃起のメカニズムは、視覚、聴覚、臭覚によって、エッチなことを想像します。
例えば超ミニスカートの女の子を見たらその子のハダカを想像する、こんな経験をしたことがないとは言わせません。
そうすると副交感神経から脳の中枢に勃起の指示が行き、陰茎の海綿体に血液が流入します。
そして一定の量の血液が注入されると今度は静脈の血管が閉じられます。
それによって勃起し、十分な硬さを維持できるのです。
血液の流入と静脈の閉塞が合わされて勃起することになるのです。
したがって血流が悪いと勃起しないし、静脈の閉鎖が甘ければまた同じです。
糖尿病の合併症の中に血管に関する病気が数多くあります。
要するにサラサラの血液ではなく、どろどろの血液により血管が詰まってしまう合併症を併発しやすくなります。
これらの血管や心臓の機能が悪くなって勃起障害を起こすのです。
これを改善するには糖尿病を治さなくてはなりません。
それを治しながら精力剤を使用して、同時進行で勃起力を回復してください。